AGAとM字ハゲの関係

M字ハゲとAGAの関係とは

AGAの症状のひとつのM字ハゲ

若い頃から薄毛やハゲに悩まされる男性は少なくはありません。若ハゲは男性型脱毛症という症状でAGAと呼ばれています。その典型的な症状のひとつにM字ハゲがあります。

AGAの改善情報を調べると、M字ハゲというのは頭頂部のハゲと比べて治療の効果が現れるまでに時間がかかることが分かります。ですが進行してしまってからでは効果が出るまでに時間がかかってしまいますので、早期発見をして早期に治療を開始することが大切です。

<若年化の進むM字ハゲの対策>
頭頂部の髪が薄くなったりボリュームがなくなるハゲとは違い、額の生え際の両端からどんどん薄くなっていくのがM字ハゲです。男性特有の薄毛の症状で、額中央部は残って両端が薄くなった様子がアルファベットのMの字に似ていることからこう呼ばれるようになりました。

一般的なハゲの場合は目立つため気になり始めから対策もできます。ですがM字ハゲの場合は、前髪を下ろす髪型を普段しているとちょうど薄くなっているM字部分が隠れてしまうため、自分でも気付きにくかったりします。ハゲはどんどん若年化が進んでいますので、頭頂部だけではなく生え際が以前より後退していないかを時々確認してみることも大事です。

M字ハゲの症状は額の剃りこみがどんどんと深くなっていき、脱毛はその剃りこみから頭頂部に向かって広がっていきます。少しずつ額も後退していきます。前髪を上げるような髪形の人の場合は、広くなった額がよく目立ってしまいます。反対に前髪を下ろしていれば初期のハゲは隠すことが出来ますが、進行してくれば前髪自体も減っていきますので髪のすき間からM字になった額が見えて余計目立つようになってしまいます。

M字ハゲはそのままほっておいても良くなるわけではありませんし、どんどん剃りこみが激しくなって目立つようになります。完全に毛根が死んでしまってからでは、植毛やかつらで補うことしか出来なくなります。生え際が薄くなった気がする、以前より額の両端が上がったような気がすると早めに現状に気付いて治療を始めることで、今より症状を遅らせたり脱毛してしまった部分から発毛する可能性も高くなります。

Copyright © M字ハゲとAGAの関係とは. All rights reserved.